第17回藝能祭

9/7~8は、私たちが所属する琉球民謡音楽協会の藝能祭でした。

 

9/7は藝能祭前日のリハーサル。

会場に向かう牧志駅では、空は曇っていましたが、きれいな虹が掛かっていました。

前日リハの会場は浦添社会福祉センターでした。

斉唱や器楽からリハーサルは進行し、最後に独唱でした。

明日の本番に向けて、注意すべき個所を確認していきました。

9/8(土)はいよいよコンクール当日、会場は豊見城市中央公民館でした。

会場入りは10時。

そこから各自で演目を確認しながら演奏したり、何人かで集まり唄・三線・笛を合わせたりしながら、ゆったりと時間が流れます。

11:30からお弁当を頂きます。

お弁当は何種類かあり、僕は豚とサバのお弁当を選びました。

沖縄らしいお弁当、とても美味しくいただきました。

12時30分からいよいよ当日のリハーサルが始まります。

当日リハは器楽・座開きを後にして、それ以外はスケジュールに沿って進行します。

八重山うた大哲会からも笛や太鼓、独唱をさせて頂きました。

18:00、いよいよ開演です。

今日まで稽古してきた演目をお披露目させていただきます。

東京あらかわ支部の支部長:Fさんと、当支部のQさんは大賞で「与那国ションカネー」を独唱します。

その直前に記念撮影です。

東京あらかわ支部のKさんとHさん、とてもうれしそうです!

写真を撮られるお二人もとても笑顔でした!

そして、いよいよ大賞の独唱です。笛は大東支部の柿木さんです。

写真提供は大東支部の中田さんです。ありがとうございます。

その後、真栄里先生の独唱の後、演者全員でステージに上がりフィナーレです。

 

藝能祭は、コンクールの合格者が立派なステージに立つことのできる、いわばご褒美の舞台です。

このような機会を設けて頂き大変ありがたく思います。

本当にありがとうございました。